メニュー
スポンサードリンク
 

:: 06野の花

2006年の野の花の写真

ミヤマハコベ
森の父さん


 
 ミヤマハコベはちょっと山に行くと見られます。
 ハコベというわりには結構大きな花を咲かせます。
 


コナラ
森の父さん


 
 実ははっきりとコナラと断定できません。
 よく木を見ていなかったのです。
 たぶんコナラ。
 


マムシグサ
森の父さん


 
 マムシグサに思い入れのある方は少ないでしょう。
 あまり気持ちのいい花ではありませんからね。
 でも私は何故か惹かれます。
 
 


カキドウシ
森の父さん


 
 カキドウシは春には珍しくない、どこにでもある花です。
 でもこれだけアップにすると、花の複雑さが見えてきます。
 


ワダソウ
森の父さん


 
 ワダソウもスプリングエフェメラル。
 ほんの一瞬の花期なので見逃さないで。
 花弁の先が凹んでいるので、ワチガイソウと区別できます。
 


トウゴクサバノオ
森の父さん


 
 トウゴクサバノオはそれ程多くない花です。
 小さいけれど愛らしい花をつけます。
 


レンプクソウ
森の父さん


 
 目立たずひっそりと咲くレンプクソウ。
 しかしよく見ると面白い格好をしています。
 横に4ッツの花をつけ、てっぺんにももう一つ。
 こんなつき方の花は他にはないように思います。
 


ユリワサビ
森の父さん


 
 ユリワサビは見ての通り、アブラナカの花です。
 春先結構早い時期から咲き始め長く咲いています。
 群生することが多いので、目に付きやすい花です。
 葉や茎は食べられますよ。ちょっと辛い。
 
 


タチツボスミレ
森の父さん


 

 
 スミレの中では一番ポピュラーなのがこのタチツボスミレです。
 大きく茎を伸ばすと今一魅力に欠けるのですが、咲きはじめのころはなかなか素敵です。
 


ニリンソウの蕾
森の父さん


 
 花を撮らずにつぼみかい。と、言われそうですね。
 でも硬く締まった蕾が開く時がすぐそこです。
 春は花が開く瞬間がもっとも楽しいのです。
 


« より古い記事  より新しい記事 »