メニュー
スポンサードリンク
 

:: 08風景尾瀬沼の秋

2008年10月12日の尾瀬沼行の写真

行く道
森の父さん


 
 尾瀬沼への道を歩き始めた所です。
 落ち葉の敷かれたこの道は一ノ瀬までだらだらと長いのですが、この日は楽しく歩くことが出来ました。
 


神の宿る木
森の父さん


 
 ミズナラの木です。かなりの大木で、そろそろ神様が宿りそうな木です。
 回りがうるさいのが残念です。
 


ピンクの紅葉
森の父さん


 
 これは何の葉でしょう。ツツジの仲間でしょうか。
 ピンク色がなんともいえませんでした。
 


光の中のもみじ
森の父さん


 
 これは鮮やかでした。
 光が充分に当たって大喜びしているようもみじでした。
 


錦の斜面
森の父さん


 
 これは素晴らしい紅葉の斜面でした。
 光は差していないのですが、そのほうが色がよく出るようです。
 


ブナもみじ
森の父さん


 
 ブナの黄葉が好きな方は結構いますね。
 新緑もいいですが派手過ぎない黄葉がいいのでしょう。
 でも光にすかすと結構派手です。
 


日光白根
森の父さん


 
 見晴らしのいい所に出ると、手前の山に隠れるようにして日光白根が姿を見せてくれました。
 尾瀬と日光は結構近いのが実感されます。
 


富士山が見えた
森の父さん


 
 三平峠に上る手前に見晴らしのいいところがあります。
 そこでは日光白根や至仏が見え隠れするのですが、この日は遠く富士山まで姿を見せてくれました。
 ここで富士山を見たのは初めてでした。
 


着飾る山
森の父さん


 
 針葉樹が少し、あとはブナやミズナラでしょう。山の最後の彩りです。
 


大江湿原俯瞰
森の父さん


 
 三平峠から尾瀬沼に降りる途中に一ヶ所、沼と大江湿原が俯瞰できる場所があります。
 といっても笹が背丈ほどあるのでかき分けて、垣間見るしか出来ないのですが。
 これは手をいっぱいに上に伸ばして、感で方向を定めて撮った一枚です。
 お気に入りの一枚です。
 


« より古い記事