メニュー
スポンサードリンク
 

:: 07野鳥

2007年の野鳥の写真

ハイタカ
森の父さん


 
 私の地方では、ハイタカは秋から冬にかけてやってきます。
 ハイタカ属(オオタカ・ハイタカ・ツミなど)は区別が難しいです。
 大きさや線の細さや尾の長さなどで区別しますが、ちょっと遠目でシルエットだとわからないことが多いです。
 


コゲラ
森の父さん


 
 お気に入りの一枚です。
 逆さになって何かを必死に突っついているところ。
 全体が茶色で統一されている所が気に入っています。
 


メジロ
森の父さん


 
 何かを真剣に見るメジロ。
 私に気づいて、慌てて逃げていきました。
 


ハチクマ
森の父さん


 
 月にハチクマ。
 ちょっと面白い取り合わせでした。
 まだ日が高く上らないうちのことでした。
 


サシバ
森の父さん


 
 サシバは渡りをするタカとして有名です。
 特に秋の渡りは壮観です。
 タカにしてはちょっと優しげな表情ですね。
 


ノビタキ
森の父さん


 

 
 秋の渡りのころ、ノビタキは平野部でも見られます。
 広い野原や河川敷にはしばらく立ち寄っています。
 動きのある写真は面白いです。
 


オオタカ若鳥
森の父さん


 
 おそらく今年産まれの若鳥でしょう。
 やっと親離れをしたころです。
 このころは全体に茶色で、サシバと間違えやすいのでご用心。
 


ノスリとツミ
森の父さん


 
 ツミは小さな鷹です。
 しかし、気性が荒いのか他の猛禽類にモビングを仕掛けます。
 ノスリは特におっとりした感じですからね。
 


カワラヒワ
森の父さん


 
 カワラヒワの特徴は風切羽の黄色い班です。
 この写真にはその黄色がはっきりとでています。
 飛んでいる時も、この黄色はよく見えます。
 


イワヒバリ
森の父さん


 
 これは中央アルプスの千畳敷で撮ったものです。
 この時はかなり近くまで来てくれました。
 何しろ鳥用の長いレンズは無く、105mのレンズですから。
 


« より古い記事