メニュー
スポンサードリンク
 

:: 06野鳥

2006年の野鳥の写真

カラスの集団
森の父さん


 
 カラスの集団が枯木になっているように集まっていました。
 ちょっと異様な光景でした。
 


ハシボソガラス
森の父さん


 
 ハクチョウのために餌付けをしている場所での一こま。
 ハクチョウよりも何倍も多いカモも餌にありつきます。
 その餌をさらに横取りしようとするのがこのカラスです。
 ハシブトガラスもハシボソガラスも来ます。
 


カルガモ
森の父さん


 
 カモやハクチョウはかなり重そうですね。
 でも飛びたってしまえば飛ぶのは下手ではありません。
 流線型の体は飛ぶのに適しています。
 ま、鳥はどれもそうですが。
 このカルガモは羽の動きが見えるのでちょっと気に入っています。
 


マガモ
森の父さん


 
 賢者の目をしていますね。群れのリーダーでしょうか。
 マガモの頭の金属光沢は緑から濃い青や紫に見えることもあります。
 


コハクチョウ
森の父さん


 
 バタバタ、バシャバシャとけたたましい音を立てて水面を駈けるコハクチョウ。
 もちろん飛ぶための助走です。
 それにしても、足の動きがユーモラスです。
 


ぶら下がるエナガ
森の父さん


 

 
 日本で一番小さな部類の小鳥エナガ。
 ぶら下がるのも得意です。
 餌を探してよくぶら下がったり逆立ちします。
 


カイツブリ
森の父さん


 
 水浴びをするカイツブリ?
 いつも水の上や中に潜っているカイツブリも、やはり水浴びをするのですね。
 羽を清潔に保つには大切な営み。
 


ヒヨドリ
森の父さん


 
 振り向くヒヨドリ。
 なんだか物思いの目つきですね。
 


ヤマガラ
森の父さん


 

 
 カラ類にしては派手な色合いのヤマガラ。
 ちょっと人懐っこい感じが合って、結構近くに来てくれます。
 


ガビチョウ
森の父さん


 
 最近増えて困りもののガビチョウ。
 春以外でもさえずるので、ちょっとうるさいですね。
 


« より古い記事