メニュー
スポンサードリンク
 

:: 06風景

2006年の風景の写真

月に群雲
森の父さん


 
 満月の月に群雲がかかったり抜けたり。
 月の光に雲の怪しく光っていました。
 


残雪の至仏山
森の父さん


 

 
 下界は夏。でも尾瀬の至仏山はまだ雪を沢山残しています。
 これを脱ぐのは真夏でしょう。もう少しです。
 


尾瀬ヶ原と至仏山
森の父さん


 
 もう夏です。尾瀬ヶ原も青々とした原になっています。
 原の装いと至仏山の雪の対比です。
 


景鶴山
森の父さん


 
 尾瀬ヶ原から見た景鶴山です。
 痛々しいガレた部分がよくわかります。
 


尾瀬のカラマツ
森の父さん


 
 夏の尾瀬ヶ原の青々としたカラマツです。
 秋の紅葉のカラマツが有名ですが、これだけ堂々としたカラマツは夏でも魅力があります。
 


雪解けの激流
森の父さん


 
 そこは細い沢ですが、凄い勢いで水が流れていました。
 上は雪深い山。その雪解け水がいっきに流れ落ちているのです。
 冷たい激流だけど、シダは喜んでいるようです。
 


雪解けの池
森の父さん


 
 朝靄の中に深く沈む雪解け水を湛えた池。
 回りには解けきらない雪が沢山残っています。
 


芽吹きの向こうの山
森の父さん


 
 もうすっかり芽吹いた木々の向こうに、雪深い高い山はまだたっぷりと雪をいただいています。
 ここは新潟の雪のメッカです。
 


雪解けの山
森の父さん


 

 
 米どころ新潟魚沼地方の越後三山も雪解けのころです。
 下界ではもう、田植えが真っ盛り。その田に水を届けるのが、この山々の雪解け水です。
 


雪に立つ木
森の父さん


 
 まだそれ程太くはないのに、雪の重みや風にも負けず、しっかりと天を向くけな気な木々です。
 


« より古い記事