メニュー
スポンサードリンク
 

:: 04野鳥

2004年の野鳥の写真

コガラ
森の父さん


 

 
 これは標高のかなり低い丘陵地に下りてきたコガラです。
 ほとんど平地と標高の変わらない所でコガラを見たのは初めてでした。
 もちろん冬です。
 


ノスリ
森の父さん


 
 これはまた、かなり悪役顔のノスリですね。
 鷹にしては、普段はちょっと気の優しそうなノスリなのに。
 


チョウゲンボウ
森の父さん


 
 このチョウゲンボウはかなり広い場所にポツポツと立つ木のてっぺんにとまっていました。
 そんな見晴らしのいい場所ですので、逆に近づくのは難しい。
 静かに車で近づき、そっと撮りました。
 


ミソサザイ
森の父さん


 
 これはかなり暗い所で撮ったミソサザイです。
 冬になるとかなり低い所まで降りてきますが、あまり明るい所には出てきてくれません。
 


スズメ
森の父さん


 
 人権があるのですから、鳥権もあるはずです?
 だからスズメだって撮ってあげましょう。
 結構可愛いですよ。
 


オナガガモ
森の父さん


 

 
 オナガガモ、上が♂、下が♀です。
 なかなか飛んでる所を近くからは撮れませんが、これはコハクチョウに餌付けをしている所でそのおこぼれをもらっているオナガガモなのでかなり近くで撮れました。
 おこぼれといっても、数ではオナガガモの方が圧倒的に多いのですが。
 


コハクチョウとマガモ
森の父さん


 
 「よ~いドン!」
 で、まるで競争しているようなコハクチョウとマガモです。
 
 


アオサギ
森の父さん


 

 
 サギはどれもそうですが、蓑を肩にかけているようですね。
 しかし、このアオサギが一番蓑らしい。
 


モズ
森の父さん


 

 
 上のモズ、あまりに近くに止まったのでびっくりしました。
 木の影がちょっとうるさいのですが、ちょっとお気に入りです。
 


タゲリ
森の父さん


 

 
 父さん地方では、秋も深まるころやって来る冬鳥です。
 このカンムリはちょっと粋ですね。
 目の周りの隈取も面白い。
 羽の金属光沢も、光の加減で色が変化するのも面白いです。
 


« より古い記事