メニュー
スポンサードリンク
 

:: 05野の花白馬岳周辺

2005年の白馬岳・栂池や八方尾根での高山植物の写真

ハクサンシャジン
森の父さん


 
 下界のツリガネニンジンより品を感じるのはなぜでしょう。
 スーッと伸びた茎から幾つもの花をぶら下げ、なんだか合唱しているようです。
 


カライトソウ
森の父さん


 
 見事なピンク色ですね。
 全体で一つの花と感じるのはこれらの仲間に共通ですね。
 でもその一房に幾つの花があるのでしょう。
 父さんはおっくうで数えませんが。
 


クロバナロウゲ
森の父さん


 
 確かに暗いときに見ると、黒い花のようです。
 でも、本当は赤ワインのようないい色をしていますよ。
 


クルマユリ
森の父さん


 
 花だけ見ると、オニユリやコオニユリによく似ています。
 でも、親戚としては少し遠いそうです。
 葉のつき方や、花の出方が違いますね。
 


ミヤマホツツジ
森の父さん


 
 3枚の花弁が反り返って、花柱を長く突き出して。
 ちょっと変わった花ですね。
 でも、父さんはこの色合い共々好きです。
 


ミヤマコゴメグサ
森の父さん


 
 これはちょっと種の特定に自信が無い。
 よく似た花がありますからね。
 下花弁の黄色い班がチャームポイント。
 


ミヤマタンポポ
森の父さん


 
 下界のタンポポとどこが違うのやら。
 これまた、白馬で咲いてたから、ミヤマタンポポとしただけ。
 種の確定は難しいです。
 


ミヤマトウキ
森の父さん


 
 この類のセリ科の花は多いですね。
 どれも派手ではありませんが、バックのいい所に咲いていると、ドキッとします。
 


オニシオガマ
森の父さん


 
 これは、始めてみました。
 シオガマにしては一つの花が異様に大きかったです。
 


オオバギボウシ
森の父さん


 
 オオバギボウシは下界でも咲いていますが、森の中などが多く、こんなに開けた所ではあまり見かけません。
 これまた、下界のものより気品を感じるのは気のせいでしょうか。
 


« より古い記事