メニュー
スポンサードリンク
 

:: 12風景八方尾根

2012年7月31日の白馬岳近くの八方尾根からの風景の写真

白馬槍ヶ岳
森の父さん

 今回の八方尾根山行の風景のメインは白馬槍ヶ岳でした。一番近くに見えるし、雲から良く抜け出して姿を見せてくれました。
 

 

 

 

 
以下の2枚は右に杓子岳が写っています。

 


白馬岳
森の父さん

 白馬岳本峰はなかなか姿を見せてくれませんでした。唯一近くからその頂上付近をよく見せてくれたのはこの時だけでした。
 


白馬三山
森の父さん

 これはリフトの途中駅のある黒菱平からの写真だったと思います。ここは白馬三山を見るのにいいポイントでした。
 
中央が白馬槍ヶ岳。その右が杓子岳、さらにその右が白馬岳本峰です。


麓からの白馬三山
森の父さん

 八方尾根から下りてきて、帰りのクルマの中から横を見ると綺麗に白馬三山が見えていました。急遽クルマを止めて撮りました。
 


五竜岳と鹿島槍ヶ岳
森の父さん

 八方尾根は白馬岳方面がメインですが、左に目を転じると五竜岳や鹿島槍ヶ岳が見えます。
 
山頂は雲に隠れていますが、五竜岳です。

 
右、五竜岳。左の双耳峰、鹿島槍ヶ岳。

 
鹿島槍ヶ岳。


白馬と五竜の間の山
森の父さん

 八方尾根正面の白馬岳と五竜岳の間の山々です。ちゃんと名前があるのでしょうが、メジャーではありませんのでよくわかりません。
 

 

 

 

 

 

 

 

 


雪の谷
森の父さん

真夏でも雪の多く残る谷間。白馬大雪渓ではありません。
 

 


八方尾根本体
森の父さん

 八方尾根は辺りの山を見るのに最適ですが、八方尾根本体の写真も少しは載せておかなければ。
 

 

 


雲と山と空と
森の父さん

 山の写真にこの三つは欠かせない所ですね。ただ今回はちょっと雲の割合が多すぎたようですが。
 

 

 

 

 


雲間の岩と雪
森の父さん

 何度も何度も雲が辺りの山を覆ったり見せたりしていました。全景が見えることは殆どなく、このようにどこか一部分が見えているという状況が多かったです。
 

 

 

 

 


« より古い記事