メニュー
スポンサードリンク
 

:: 05野の花尾瀬

2005年の尾瀬の花の写真

アサヒラン(サワラン)
森の父さん


 
 草原の低い草地の中にひっそりと、
 しかし、隠し切れないそのあでやかな紅色。
 花弁をあまり開かない風情が好きです。
 


ニッコウキスゲ
森の父さん


 

 
 この時期、ミズバショウに負けない圧倒的な主役です。
 単体でも、群生でも絵になる素敵な花です。
 特に緑とのコントラストは最高です。
 平らな湿原に見事な広がりを見せてくれ、心を高揚させてくれます。
 薄霧がよく似合います。
 


ツルコケモモ
森の父さん


 
 これでも木ですから。
 小さなツツジの仲間は沢山ありますが、花弁がそっくり返るのはこれだけでしょうか。
 優しいピンク色の父さん好みです。
 


タテヤマリンドウ
森の父さん


 
 スーと伸びた花茎の先端にただ一輪、星のように輝いています。
 春夏に咲く小さなリンドウの仲間は、大きなリンドウより好きです。
 


ツマトリソウ
森の父さん


 
 これも、低い草の影に隠れて咲いています。
 草陰に見え隠れする白はなぜか気になります。
 名のイメージなのか、ひかえめな感じが素敵です。
 


カキツバタ
森の父さん


 
 同じ時期のニッコウキスゲの陰に隠れていますが、単体のあでやかさでは負けていません。
 残念ながら、実際の赤紫の色がが出ませんでした。
 


ヒオウギアヤメ
森の父さん


 
 ヒオウギアヤメを知ったのは尾瀬でした。
 なぜかカキツバタと同じ場所には咲いていません。
 野草にしてはちょっとできすぎでしょうか。
 


モウセンゴケ
森の父さん


 
 失礼。これは花ではありませんでしたね。
 でもモウセンゴケはそれ自体が花のような印象を与えますね。
 色も広がりも。でも、小さな白い花も素敵ですよ。
 


コタヌキモ
森の父さん


 
 上のモウセンゴケと同じに、食虫植物です。
 でも、花のイメージはだいぶ違いますね。
 湿原の中の小さなレモン色は、さがすのに苦労します。
 


オオバミゾホウズキ
森の父さん


 
 小さな谷の流れの横に咲いていました。
 雨で水量が増し、速い流れでしぶきがかかっていました。
 みずみずしさが、この花の生命力を感じさせてくれました。
 


« より古い記事