メニュー
スポンサードリンク
 

ビー玉の目

アートⅡ― 森の父さん

 くり抜かれた目玉のよう。しかしまだ生きている。そんな怖さを感じるのは私だけか。
 
ビー玉の目

No Comments - “ビー玉の目”

Write a Comment