メニュー
スポンサードリンク
 

:: 05風景白馬八方尾根

2005年の白馬岳・八方尾根からの風景

雲鳴る
森の父さん


 
 おそらく、白馬鑓ガ岳だと思います。
 山の上の雲に引き寄せられるように、
 谷からの雲がまるで、ゴーゴーと音を立ているかのごとく、湧き上がっていました。
 


雲迫る
森の父さん


 
 雪や岩がいつも滑っているのでしょう、
 縦に筋の入った美しい斜面の向こうは谷。
 そこまで雲は迫っていました。
 すぐにその斜面を覆い尽くしてしまいました。
 


雲切れる
森の父さん


 
 何もかもを覆いつくしていた雲が一瞬の隙を見せた。
 わずかに見えた向こうの峰は美しく輝いていた。
 何故かこの世の様子ではないと感じた。
 


雲を切る
森の父さん


 
 おそらく雨の一粒さえ真っ二つに切り裂いてしまうだろう。
 そんな鋭峻な岩峰が雲を割っていた。
 負けた雲は霧散して行った。
 


残雪の谷
森の父さん


 
 8月も半ばになろうというのにまだこんなに残雪がありました。
 あの下では春を待つ植物が眠っているのだろうか。
 ふとそんなたわいも無い思いを抱いた。
 


雲昇る
森の父さん


 
 雲は今、そこで湧き、山を昇ろうとしていた。
 上の雲が母親だろうか。
 山肌に手をかけながら、ゆらゆらと昇っていった。
 


雲やむ
森の父さん


 
 この日は雲の動きがめまぐるしかった。
 しかし、この一瞬時を止めたように雲は動かなかった。
 まるで何かを待っているように。
 


雲沈む
森の父さん


 
 そして、昇った雲が下り始めた。
 ゆっくりと山肌にへばりつくようにして下って行く。
 いや、下るというよりは沈んでいくと言ったほうが正確かもしれない。
 


雲晴れる
森の父さん


 
 雨になるかと思ったほどの雲が突然晴れていった。
 なんとも変わり身の早い雲だった。青空がまぶしい。
 でも、これも一時のこと、またすぐに・・・・・。
 


雲戯れる
森の父さん


 
 明らかにその日の雲は山と遊んでいた。
 結局、白馬鑓ガ岳までは見えたけれど、白馬本体は姿を見せてくれなかった。
 


« より古い記事