メニュー
スポンサードリンク
 

:: 11野の花

2011年の野の花の写真

秋のホトケノザ
森の父さん

 秋も終わり、他の植物が枯れて邪魔ものがいなくなりと、ホトケノザは咲き始めますね。春ほど群生はしませんが、結構見かけます。そんなホトケノザにハナアブがとまりました。
 
秋のホトケノザ


ハスの実
森の父さん

 ハスの実のなれの果て。でも何故か写欲が湧きました。バックが黒くスッキリしているのも気にいっています。
 
ハスの実


オギの原
森の父さん

 ススキとオギは区別がつきにくいのですが、これは株立ちになっていないのでオギだと思います。このフワフワの房はやはり逆光がいいですね。
 
オギ
 
オギ


サザンカ散る
森の父さん

 ツバキとサザンカの区別のよくつかない私ですが、咲く時期とこのように花弁一枚ずつで散るサザンカに対し、ツバキは花丸ごと落ちるので区別が出来ますね。
 
サザンカ
 

 
サザンカ


チカラシバ
森の父さん

 風に揺れるその姿は、大きく両手を振っているよう。元気者のチカラシバです。
 
チカラシバ
 
チカラシバ


枯葉
森の父さん

 枯葉にもさまざまな表情がありますね。そんな表情を楽しんで下さい。
 
枯葉
 
枯葉
 
枯葉


ベニバナボロギク
森の父さん

 ベニバナボロギク。なんと言う事もない絵ですが、バックが黒く抜けてくれましたので載せておきます。
 


キノコ
森の父さん

秋、真っ盛り。美味しそうなキノコでしたが、キノコは判らないので食べません。
 
キノコ


ヒガンバナ
森の父さん

 今年はヒガンバナの開花が遅く、十月に入ってもまだ充分見られる花が沢山ありました。
 木々の間からさす光がヒガンバナの一部を照らしていました。
 

 


キツネノカミソリ
森の父さん

 花の少ない夏の森の脇にひっそりと咲くキツネノカミソリが好きです。あまり群生しすぎていない方がいい。
 

 

 

 


« より古い記事