メニュー
スポンサードリンク
 

:: 11野の花尾瀬ヶ原とアヤメ平の花

7月17日の尾瀬ヶ原とアヤメ平の夏の花の写真

チングルマの綿毛
森の父さん

 ニッコウキスゲを筆頭に沢山の花を写しましたが、今回のメインはこのチングルマの綿毛でした。朝露の水滴が綿毛に沢山付いて、まるで宝石のようでした。
 

 

 


ニッコウキスゲ
森の父さん

 ニッコウキスゲの真っ盛りのシーズンでしたので沢山写真を撮りました。ですから飽きるかもしれませんが沢山載せておきます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ヒツジグサ
森の父さん

 ヒツジグサはスイレンをイメージしていると「ちっちゃ」と思うでしょうね。でもその小ささが尾瀬の池塘にはよく似合います。
 

 


タテヤマリンドウ
森の父さん

 タテヤマリンドウはかなり好きな花です。湿原に散らばる姿は瞬く星のようです。ねじれた蕾も魅力的です。
 

 

 


トキソウ
森の父さん

 トキソウは湿原の貴婦人。上品なピンク色をしています。
 

 


サワラン(アサヒラン)
森の父さん

 サワランは湿原のお嬢様のようです。紫がかった赤の可愛い花を咲かせます。
 


ハクサンチドリ
森の父さん

 このハクサンチドリは富士見小屋周辺で撮ったものです。蜂たちが盛んに蜜を吸っていました。
 

 


ミズチドリ
森の父さん

 湿原の小さなランは結構似たものがあって難しいのですが、ミズチドリはこの白さで一目瞭然ですね。草にうずもれていても目立ちます。
 

 


ホソバノキソチドリ
森の父さん

 これは本当にホソバノキソチドリかどうか自信がありません。にたものがいくつかありますからね。私には確かな識別はできません。
 


ギンリョウソウ
森の父さん

 ギンリョウソウは鳩待峠からアヤメ平への道沿いと、アヤメ平から尾瀬ヶ原への道沿いに沢山咲いていました。
 

 

 


« より古い記事